家というのは、外観の“色使い”が、少なからず周りにも影響を与えているということを考えてみたことはありますか。最近は分譲住宅といえども、みな同じ形で同じ色あいというのでは、売れなくなってきているのでしょう。一戸一戸異なる形・色合いの住宅となっているのを見かけるようになりました。個性を尊重するという時代背景があるからでしょうか。建売住宅なら、できるだけ好みに合う家を“選択”すれば済みますが、新築とか塗り替えとかになるとそうはいきません。一から色使い、配色を考えざるを得ません。そのような時、我が家のこととはいえ、周りに与える影響にも配慮するという心遣いも必要になってくるでしょう。そんなことは無頓着に、自分の家なんだから目いっぱい派手な色にすることももちろん可能です。後で後悔しなければ、ですが。