塗膜というのは、時間とともに少しずつ弱くなります。この塗膜が破れてしまったり、剝がれてしまったりします。

塗膜が破れてしまって防水バリアが無くなってしまうと、モルタルや外装材が直接水に触れることになってしまい、破損するのは時間の問題です。

外壁には、ヘアクラックと呼ばれる髪の毛のように細い日々が入っていることがあります。外壁のヒビのことをクラックと言いますが、ヘアクラックは、その細いものです。とても細いヒビで本当に目立たないものです。

多くの悪徳業者は、このヘアクラックを見つけると「雨水が入り込む」「内部の柱が腐る」などなど、今すぐに塗り替えないと大変なことになると、脅してきます。

しかし、これは大げさなセールストークといえます。髪の毛ぐらいのヒビであれば、雨水が構造体を腐らすことはまずないといえます。