中央区日本橋人形町は、下町の風情ただよう静かなエリアとして知られていますが、もともと人形町という地名は江戸歌舞伎などで界隈にできた人形浄瑠璃や芝居小屋で栄えたところからと言われています。

そんな日本橋人形町も、江戸末期には火が消えたような時期がありましたが、花街として活気を取り戻したものの、それもつかの間でその後衰退するなど紆余曲折を経て今日に至っています。日本橋人形町には、時代を経て培われてきた雰囲気があり、点在するお寺や味わいある通りがその静穏を一層深めた街として訪れるにはもってこいの街として多くの人に慕われています。

もともとこのエリアは、交通アクセスには文句なしのところであり、都心に居を構えるにはうってつけの場所と言えるのではないでしょうか。